乳歯はどんな時に抜くべきか?

乳歯はどんな時に抜くべきか?

 

乳歯はもともと大人の歯に交換する準備ができた時に自然と抜けるものです。乳歯は大人の歯が生えてくるスペース確保の為に必要なのです。しかし最近では歯並びのためや虫歯のためなどの理由で乳歯を歯医者さんで抜くことも多いのです。

 

こんな場合はご相談下さい。

 

  • 乳歯の横もしくは前後に大人の歯が生えてきた場合(特に下の前歯は内側に大人の歯が生えることが多く、大人の歯を正常な位置に誘導するため抜くケースが多い)。
  • 動いているがなかなか抜けずご飯を食べる時にうまく噛めない、もしくは痛くて噛めない場合。
  • 完全に虫歯で残せない場合(場所にもよりますが奥歯の場合保隙装置という大人の歯の生えるスペースを確保する装置を入れることが多い)
  • 転んで前歯をぶつけてしまい歯が割れたりぶらぶらになった場合(時に上の前歯は根っこだけでも残してスペース確保することもあり)

 

他にもさまざまなケースが考えられますが、子供の歯が自然に抜けるケース以外は歯医者に相談して診断治療してもらいましょう。

常勤歯科医師   板垣晶博